ホームページの目的に合ったコンテンツの取り入れ方

信頼性を上げたいなら理念・方針・素顔をアピール


個人や企業・お店がホームページを開設する事には様々な意味合いがありますが、まずは信頼性を上げたい場合のおすすめコンテンツ情報です。例えば、歯医者の数がコンビニの数を上回っている現代の日本においては、近所に歯医者がたくさんある中から、ホームページを見て、どこに通院するか決める人が増えていると言われます。そのため、たくさんのライバルがいる中で患者に選んでもらいたいような場合は、治療方針やスタッフの真剣な思いなどをアピールするコンテンツを作ることが重要といえます。また、スタッフの人柄の善し悪しも選択の要因となるようなところがあるため、ブログコンテンツを作ってどんな人たちが働いているか、ということをホームページを通じて伝える努力も重要です。

広告収入が目的なら、専門知識を身につけられるような構成にする


続いて本業が不安定であることなどを理由に、個人が広告収入(副収入)目的のホームページを作る際のおすすめ情報です。この際は、まずは内容が濃くて滞在時間が長いページでないと上位キープが難しくなっている昨今、自分の専門分野に関するホームページ(サイト)を作る事をおすすめします。そして、その分野の知識を深めたいと思っている人たちを対象に、知識を深められるような参考書的なホームページを作ります。具体的なコンテンツとしては特に用語集が有効で1ページにたくさんの用語を詰めるのではなく、1語に対して1ページを与えましょう。この手法をとると付加価値の高いページを100ページ・1000ページと増産する事が意外と容易で、ページ数が多いほど大規模サイトとみなされてSEO的に有利になります。また、説明に際してどうしても画像が必要な際は、グラフィックソフトを使って解説画像入りページを作ってみる形もおすすめです。